Change Forward

「かわる」をアシストする

【就職活動・面接ラッシュのストレス発散】効果的にリフレッシュして疲れを取る方法

【就職活動・面接ラッシュのストレス発散】効果的にリフレッシュして疲れを取る方法

 

【就職転職活動・面接ラッシュのストレス発散】効果的にリフレッシュして疲れを取る方法

 

就職活動・転職活動で面接が続くと、良い結果だったとしても疲れやストレスがたまってきます。

 

同日にいくつも面接を受けたり、ダメだった面接の反省をしたりしていると、時にはネガティブになってしまい、次の面接に悪い影響が出てしまうこともあるでしょう。

 

そんな時にはストレス発散!

気持ちをリフレッシュして、爽やかに面接に臨みましょう。

 

今回は面接ラッシュ時のストレス発散方法についてご紹介します。

 

【この記事を読むメリット 】

  • 面接のストレス対策ができるようになる

  • 万全な気持ちで面接に臨める

 

ストレスの溜まっている状態では、印象のいい面接はできません。

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

就職活動・面接ストレスの原因 

就職活動や面接のストレスの原因は、主に下記のようなものかと思います。

 

【就職転職活動・面接ラッシュのストレス発散】効果的にリフレッシュして疲れを取る方法

 

それぞれ肉体的な疲労によるものか、精神的な疲労によるものかでおおまかに分類することができ、それぞれに効果的な発散法をしていけばよいのです。

 

ストレスの種類に見合った発散法を。

 

 

 

ターゲット別ストレス発散法

それではストレスを分類したうえで、それぞれの解決法を見ていきましょう。

 

  1.  肉体的疲労に効果的なストレス発散法
  2. 精神的疲労に効果的なストレス発散法
  3. 中間に位置するストレスに効果的な発散法

 

 

肉体的疲労に効果的なストレス発散法

先ほどの例として上2つに挙がっていた

 

  • 点々と存在する面接先を訪ねる移動の疲れ
  • 面接での話し疲れ

 

などについては、精神的というよりは肉体的な疲労が大きいものに分類されます。

これらの疲労は自分の行動によって発生するものであるため、行動しないことで肉体的な疲労を取ることができます。

 

具体的には下記です。

体力を回復させることで本来のコンディションに戻し、ストレスを取り除くイメージになります。

 

  • 睡眠時間を十分にとる
  • マッサージ・整体を受ける
  • 温泉・銭湯に行く

 

肉体的な疲労もストレスの原因。しっかりケアを。

 

 

精神的疲労に効果的なストレス発散法

「ストレス」と表現すると一般的にイメージされるのはこちらかと思います。

 

例としては「自分の悪いところを見つめるのがつらい」「内定が出ずしんどい」など、気持ちが落ち込んだりイライラするようなものが挙げられます。

 

就職活動においては自分を見つめなおす必要があり、また面談を通して他者からも評価を受けますので、自分と他者2重に批判を受けることになります。

 

どちらの批判も受けずに(しかっりと向き合わずに)成功することは難しいため、多くの人がここでストレスを感じることになります。

 

発散方法としては、自分の存在価値を感じられるようなアクティビティをすることがお勧めです。

 

  • 親しい友人・家族と話す
  • 趣味・特技をやる

 

これらの行動には、自分で「自分には価値がある」と感じられる効果があります。

自己肯定感とも呼びますが、精神的ストレスを感じているときこそ、自分のことを応援してあげられるようにしましょう。

 

自信があればストレスは逃げていく。自己肯定感を高めましょう。

 

 

中間に位置するストレスに効果的な発散法

緊張感による疲労などの、肉体的にも精神的にもダメージがあるものについてはどのように対処すればよいでしょうか。

 

こちらは原因に偏りがないため、自分の好みにあわせて対処すればよいです。

人と話すことで発散できればそれでもよいですし、一人の時間をとって落ち着ける喫茶店でゆっくり過ごしてもよいかと思います。

 

また、発散法ではありませんが、精神的・肉体的ともに中間である原因に対しては「経験を積んで慣れる」という方法もあります。

 

精神的・肉体的どちらにも振り切っていない緊張感などの原因については、発生頻度も他に比べて高いと考えられます。

 

そのため、(個人差はありますが)場数を踏んで慣れてしまうことで、根本的にストレスを感じにくくするということも可能です。

 

プレゼンテーションの場数を踏めば緊張しなくなるように、慣れればストレスを感じることもなくなってくるでしょう。

 

ストレスとの戦い方は1、予防する 2、発散するの2択。予防できるようになればばっちり。

 

 

効果的なストレス対策で最高の就活を

ストレスがたまった状態では、自分の最高のパフォーマンスをすることができず、また反省にも力がないらないために、就活に悪影響が出ます。

 

効果的なストレス対策をし、万全の状態で面接に臨みましょう!

 

↓その他面接対策はこちら↓

【昇進・昇格も狙える】転職で成功するための自己分析のポイント - Change Forward

 

転職で失敗しない企業選びの軸と基準・ポイントとは - Change Forward

 

【転職面接対策はこれで楽勝】自己紹介・退職理由・志望動機を1つのストーリーで繋げれば内定はとれる - Change Forward