年収アップNAVI-意識高い系がハイクラス転職で年収アップを実現するキャリアプラン

意識高い系がハイクラス転職で年収アップを実現するキャリアプラン

YouTuberになるなら早い方がいい理由【インフルエンサー量産装置】

YouTuberになるなら早い方がいい理由【インフルエンサー量産装置】

 

Youtubeの配信を始めようか悩む・・・

 

副業で収入を得ることを考えるとき、今なら必ず候補に上がってくるのがYoutube。
日本国内に限定しても、有名なYouTuberは1カ月でサラリーマンの年収を軽く上回り、年間では数億を稼ぎます。

 

日本のトップYouTuberは、Fischer's-フィッシャーズは、世界で251位一ヶ月で4万人登録者が増え、一ヶ月に1.7億再生される。
月収はおよそ3,400万円 34万ドル(最高値の50%) 、年収は4億円 400万ドル(8Mドルの50%)
YouTuberは毎月いくら稼いでいるのかを知る一番カンタンな方法 - Yahoo!ニュース

 

「それなら自分も!」と思うなら、始めるのは早い方がいいかもしれません。
 

【この記事を読むメリット 】

  • Youtubeビジネスの実態がわかる

 

   

素人一般人でもまだ戦える

YouTuberになるなら早い方がいい理由【インフルエンサー量産装置】


Youtubeは、それまで全く知名度のなかった人達がアクセスを増やし、大きな収入を上げられることで注目を浴びています。
テレビでよく見る芸能人やスポーツ選手など、ごく一部の人が大金を稼ぐ「テレビの中の世界」から、動画配信プラットフォームによる「誰でもチャンスのある世界」への移行を進めたためです。

 

早くからYoutubeの可能性に注目した、元は無名の大御所Youtuber達は、数十万のチャンネル登録会員を持ち、動画を上げれば100万再生という状況になりつつあります。

 

今ならば、まだ私たちにもそのチャンスが残っていますが、1年後にはかなり厳しくなるでしょう。

 

1年後では遅い。その理由

Youtuberになるならば、少しでも早い方がよいです。
理由は2つあります。

 

  1. コバンザメ戦法の無力化
  2. 強力なライバルの参戦

 

1、コバンザメ戦法の無力化

 

コバンザメ戦法とは

「コバンザメ戦法」という言葉をご存じでしょうか。


ブロガーで有名なマナブさんも紹介していましたが、「再生数の多い動画と似た内容の動画を投稿する」という戦略です。
2つの理由から、このやり方で動画の再生数アップ・チャンネル登録の増加が見込めます。

 

  1. 内容に興味のある人が多いから
  2. 関連動画に掲載されやすいから

 

例えば、ブログの書き方に関する動画を再生すると、おすすめとして別の動画が表示されるようなケースです。
この場合、閲覧者は初めは人気のある動画を再生することになりますが、次に自分の動画を再生してもらえる可能性があります。

 

アナウンサーがアイドルのパクり動画の指摘をしたという芸能情報もありましたが、登録者の少ない人は、まず「再生数の多い動画の関連動画」に載るために、パクり動画を量産していくことになります。

 

この手段をコバンザメ戦法といいます。

 

最初は虎の威を借るやり方が王道

 

遅くなれば関連動画の枠が埋まる

今はまだ、特定のジャンルに特化した配信者は少ないかもしれません。
しかし、今後どんどん配信者が参入してくると、「ブログ 書き方 アクセス」でヒットする動画の枠が、先行者だけで埋まっていってしまいます。

 

もちろん「自分なら最高の情報を発信できる!」という方であれば、満を持しての配信開始でも問題ありません。
しかし知名度のない一般人という制約の中で、幾多の動画の中から注目される動画を制作することはまず不可能です。
検索結果の上位に来ず、誰かの動画の関連動画にも表示されなければ、その品質に気付いてもらえるチャンスすらないでしょう。

 

この「発見されないリスク」がスタートが遅いほど高いのです。

 

ブログと同じ。SEO対策やSNSでもなければチャンスはない

 

インフルエンサー量産の仕組み

少し脱線しますが、ここにYoutubeがインフルエンサーを生み出しやすい仕組みがあります。流行りの第1人者になれば、後から必ずフォロワー動画が出てくるため、大きなトレンドになりやすいのです。

 

フォロワー動画から閲覧した人は、高い確率でインフルエンサー側の(再生数の多い)動画に辿り着きます。
これにより、自分は追加の動画をあげないままでも流入が微増するのです。

 

 

2、強力なライバルの参戦

強力なライバルとは、すでに知名度が高い人達のことです。

 

  • お笑い芸人
  • アイドル・歌手
  • (引退した)スポーツ選手

 

すでに高い知名度を持ったこのような肩書の配信者が参入すれば、簡単に上位は持っていかれるでしょう。既に一部の芸能人は参入を始めています。
特にジャンルもかぶりやすい「面白動画」「スポーツ動画」「歌ってみた動画」を目指している人には、いばらの道が待っている印象です。


先に例として挙げた「ブログの書き方」などでも、マナブさん・(イケハヤさん)などをはじめ、すでにかなり席が埋まってきています。

 

市場が飽和した状態で参入すると、本当に全くスポットライトが当たらないまま離脱することになる可能性が高いため、少しでも早く参入する or (今後も)ライバルの少ないジャンルを開拓するという2択を迫られるでしょう。

 

 

悩まずに なるなら今だ Youtuber

Youtubeもビジネスの世界ととらえれば違和感がありません。

 

  • チャレンジャーは苦労しつつも大きな利益を獲得
  • フォロワーは効率よくほどほどの利益を獲得
  • 二ッチャーは他人とかぶらないところで楽に少しの利益を獲得

 

今であればまだ、フォロワーの波に乗ることができ、収益を上げることができますが、どんどんフォロワーにすらなることができなくなっていきます。
その場合はニッチ(マニアック)なジャンルを攻める選択肢しかなくなり、大きなアクセスは狙えなくなってしまうため、検討をしている人は早めに動く方がよいでしょう。

 

▽行動力は大事

つまらない人生だったと最期に思わないために【今始める行動力】

 

▽先見性は成功のきっかけに

先見性で転職・副業を成功させる方法