Change Forward

「かわる」をアシストする

転職エージェントを使う本当のメリットと建前

 

転職エージェントを使う本当のメリットと建前

エージェントを使う本当のメリットと建前

 

転職先への応募を行うときにエージェントに相談すべきかどうか迷うことはないでしょうか。


「転職 エージェント 比較」や「転職 エージェント おすすめ」など検索をされた経験がある方もいらっしゃるかと思います。 笑

 

今回は私が4回の転職経験の中で感じたことを紹介していきたいと思います。

 

このようなお悩みを持っている方にご覧いただけると嬉しいです。

 

  • 転職エージェントは使うべき?
  • エージェントを使うとどんなメリットがあるの?

 

それでは今回のコンテンツです。

 

 

エージェントを使うメリットとは

まずエージェントを使うメリットを考えてみます。

 

 

1.労働市場全体の採用状況を知ることができる

私たち求職者は、基本的に自分の所属している業界のことしか知らないため、他の業界でどのようなことが起こっていて、人がどう流れているのかをあまりわかっていないかと思います。

 

例えば、住宅メーカーで営業をしている人が「製薬業界や医療機器メーカーで技術革新・法令改定があって営業が不足している」という情報をつぶさに手に入れることは難しいですよね。

 

そのような自分の守備範囲を超えた採用情報・動向について相談ができるため、自分が思っていたより多方面でチャンスがあることを知る機会が得られます。

 

 

2.自分ではわからない自分の価値を知ることができる

客観的な自己分析を入念に行ったとしても、自分で考えている以上は限界があります。

 

エージェントに相談をすることで「自分はどのような性格で何ができるのか」という転職で重要なアピールポイントについて、初対面のいちビジネスマンから意見をもらえる機会を得られます。

 

この機会は貴重だと思います。
なぜなら、転職に向けて準備をするときに参考にする他者のコメントは、大抵面接官とはかけ離れた立場からのコメントだからです。

 

例えば職場の先輩や同僚に相談したとします。

 

  • 付き合いが長く、初対面の面接という短時間の印象については参考にならない
  • 同じ環境で仕事をしてきたため、他社や世間の考えとずれている可能性がある

 

転職の面接は初対面で実施するため、付き合いの長い人達からのコメントはそのままは使えないですよね。

また、現職が少し変わった環境の場合に、同じ職場の人からの意見だけではそれに気づけないことがあります。

 

お客さんからのコメントはどうでしょうか。

 

  • お客さんはサービスを受けた側なので、面接官とは立場が違う

 

お客さんはサービスを受ける側なのに対して、面接官はサービスを提供する側です。
極端な話ですが、値引きをたくさんした結果お客さんが満足した話などは、転職では使えないですよね。

 

このように、自分に対して何も先入観のないビジネスマン、かつ人事有識者からコメントやアドバイスをもらえることは貴重な機会であると思います。

 

 

エージェントを使うメリットは情報量

エージェントを使う主なメリットは情報が多く手に入ることに尽きると思います。
これは先ほど述べた内容で、労働市場の情報と自分の市場価値についてなどです。

 

いずれも転職の企業選びの幅を広げることができるという、嬉しいメリットがあります。

 

逆に候補を削られてしまうのでは。。」という心配をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはありません。
なぜなら、応募をするのは私たち求職者が決めることであり、どうしても断られるなら自分で直接その企業に応募すればいいだけだからです。エージェントからもらった履歴書のサンプルを編集して応募しちゃいましょう。

 

自分の人生、決めるのは自分です
自分の話になってしまいますが、私は3回目の転職では、エージェントにアドバイスをもらった上で別の転職情報サイトから応募して転職しました。


転職を成功させるために使えるものは使うべきではないかと思います。

 

 

ほかのメリットはほぼ0

その他、「非公開の求人」「裏情報」などは世間一般でエージェントを使うメリットとされていますが、私は営業トークと思っています。(※私は人材業界のプロではないので推測です)

 

そもそも人材会社にとって募集企業はお客さんなので、その求人を非公開にするということ自体が失礼だと思いませんか?

募集をかけてほしいのに、あえて求職者に見えない状況にしているので、そのような求人が多数あるということはないです。

 

募集企業側が「優秀な人がいたら紹介してよ」と言っているということはありそうですが、あまり非公開情報に期待をしても裏切られると思います。

 

裏情報についても同様で、お客さん企業の悪い情報は流せないですよね。

それにエージェントは多くの求職者をマッチングして手数料を稼ぎたいので、求職者の二の足を踏ませるような情報は出さないはずです。

 

そのため、いかにもおいしそうなエサは、あまりメリットとして期待しないほうがよいかと思います。

 

 

結論:エージェントへの相談は効果あり。でも言いなりになる必要はない

最後に否定的なことを並べてしまいましたが、やはり転職に必要な情報が拡充できるメリットは大きいのではないでしょうか。

 

自分が思いもしなかった業界で内定をもらって高収入を得られたり、気づかなかった長所を評価されて好待遇を実現したりできる可能性があるので、声をかけてみて損はないと思います。

 

一方で、相手は善意の相談役ではなくノルマを持った人売り(あえて強めの言葉を使います)なので、都合よく操られないように、自分の意思を強く持って転職を成功させることが大切ではないでしょうか。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

2019.5.13 K