年収アップNAVI

仕事・副業・転職で叶える年収アップ

なぜ社会人になってからモテなくなった?モテない男性5つの理由と対策

なぜ社会人になってからモテなくなった?モテない男性5つの理由と対策

 

学生時代はモテていたのに、今は見向きもされない。。という人へ

 

学生時代はそこそこ異性にも人気があって、彼女もいたのに、社会人になってからなぜか全然モテなくなった。。
突然太ったわけでもなく、あの時との違いは年齢くらい。

 

社会人になってからモテなくなった理由を知り、あの頃の自分を取り戻しましょう。

 

【この記事を読むメリット 】

  • お小遣いアップの方法がわかる

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

なぜ社会人になってからモテなくなったのか

なぜ社会人になってからモテなくなった?モテない男性5つの理由と対策

 

社会人になったのは数年前のこと、外見や性格が急に変わったということもなく、何が理由かわからない。
こんなときは、学生時代から変わったことをリストアップして見ていきましょう。

 

  1. 会社のブランドで見られるようになった
  2. 将来が(ほぼ)決まった
  3. 一番下っ端になった
  4. 収入を求められるようになった
  5. 結婚を意識されるようになった

 

1.会社のブランドで見られるようになった

社会人になると、勤め先のブランドで見られるようになります。
例えば、「東証一部上場」であったり「財閥系」「外資系」などの聞こえのいいフレーズは異性にも好印象を与えます。一方で、ブラック企業として有名な企業であったり、その他イメージのよくない会社に勤めている場合にはマイナスとなる可能性が。

 

その労働拘束時間や収入とは別にして、世間が持っているイメージはとてもパワーがあります。
学生時代にも、有名私立や国立大学の出身でモテていた人がいたかも知れませんが、大学の学歴パワーは4年、社会人の会社ブランドパワーは40年続きます。

 

「自慢の彼氏」となるためには、勤め先のブランドイメージはとても大事です。大手優良企業であればプラスとなりモテるほか、マイナスイメージのある会社に勤めている場合には避けられてしまうかもしれません。

 

実態は優良な企業でも、イメージが悪い会社ではモテない。

 

2.将来が(ほぼ)決まった

社会人になると、その時点で将来がほぼ確定します。
そのため、将来的に結婚することも考えると、学生のときより真剣に異性から評価されることになります。

 

学生時代は相手も若く、将来のことを本格的に考えずにお付き合いすることもできましたが、勤め先まで決まってしまうと将来のイメージもでき、結婚できるかできないかがはっきりしてしまうことが、モテない理由となっている可能性があります。

 

3.一番下っ端になった

学生の頃は主に同世代と過ごす時間が長く、話すテーマが近かったり、ある程度仕切る立場に立つこともでき、異性に活発な印象を与えることができるもの。

 

しかし社会人になると、スタートは一番下っ端です。
コピーを取るところから始まり、些細なことでミスをして怒られることもあるでしょう。なかなか活躍することもできず、少しのあいだ異性からは魅力的に見えない期間が続きます。

 

若手のうちに「うだつのあがらないサラリーマン」という評価を受けてしまうと、そのままイケていないオーラが染みついてしまい、異性どころか同性からも人気がなくなってしまうかもしれません。

 

  • 職場でイキイキと働けているか
  • 世代が違う人とコミュニケーションできるか

 

このようなポイントは職場でのモテだけでなく、プライベートにも影響してきますので気にしたいところです。

 

イキイキしていない人に惹かれることはありません。

 

4.収入を求められるようになった

社会人になると、学生時代のアルバイトよりも大きな収入が得られるようになり、デートで旅行や高級レストランでの食事などの選択肢が出てきます。
また、将来的にも車の購入・マイホームの購入・子育てなどを考えると、お金は多いほど良い。これは残念ながら事実です。

 

玉の輿・逆玉の輿という言葉もあるように、資金力のある異性を捕まえることは1つの「一攫千金」のかたちなのです。
富裕層とは言わないまでも、平均以上の収入を求める異性は多いもの。

 

この場合には収入アップが対策となるでしょう。

 

年齢が上がるごとに収入への要求は高まる。

 

5.結婚を意識されるようになった

ここまでの総括にもなりますが、学生時代の「彼氏欲しい」とは事情がかわり、「結婚したい」という女性の要求からの非モテであるケースは多いかと思います。

 

長期的に「自慢の旦那といえるか」「家族として養ってくれるか」という見方をしたときに、そこに問題があるようであれば少し対策をした方が良いでしょう。

 

 

モテない社会人に必須の対策

これまで見た理由をまとめると、社会人になってから非モテデビューをしてしまった人は、以下の点で改善ができます。

 

  • ブランドのある会社に勤める
  • 活躍できる職場を選ぶ
  • 収入を上げる

 

例えば、外資系金融に勤めているバリバリの年収1,500万社員であれば、ほぼほぼ他は無条件でモテそうな気がしてきます。
もちろんこのようなケースは珍しく、なかなか縁のないものではありますが、ブランド・イキイキ・高年収を実現すればモテは実現できそうです。

 

すべてを実現する方法は転職です。一見リスクがあるように見えますが、今の会社に勤めながら転職活動をする分にはリスクなし、成功すれば人生が好転します。

 

▽転職を検討中なら

転職をするか悩む人がすべき3つの準備【チェックリストあり】

 

▽企業選びチェック観点はこちら

転職で失敗しない企業選びの軸と基準・ポイントとは

 

▽転職サイトの比較ならこちらも

www.biz-thinking-k.com

 

また、収入を増やすという観点では、副業も検討できるでしょう。
自分が変わることで、モテを取り戻しましょう!