年収アップNAVI

仕事・副業・転職で叶える年収アップ

やっぱり資格持ちは有利!高年収転職におすすめの価値のある資格とは

やっぱり資格持ちは有利!高年収転職におすすめの価値のある資格とは

 

資格は自分を売り込む道具として効果的です。

 

就職・転職の面接をするとき「何か資格を持っていれば有利かも!」と思ったことはないでしょうか。

 

一時期の資格ブームは落ち着いてきましたが、終身雇用や年功序列が薄れていく風潮の中、よりどころとなるものを求めると、資格に行きつく方も多いのではないかと思います。

 

今回は転職におすすめの資格をご紹介します。

 

【この記事を読むメリット 】

  • 転職におすすめの資格がわかる
  • 資格を活かして面接でアピールできるようになる

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

資格は転職に有利

やっぱり資格持ちは有利!高年収転職におすすめの価値のある資格とは

 

資格は間違いなく転職に活かせます。なぜなら資格は自分の能力や知識を客観的に表現しようとするとき、一番わかりやすいアピール手段だからです。

 

転職におすすめの価値のある資格 

では、転職に活かせる資格とはどのような資格でしょうか。
大別すると3パターンに分かれます。

 

  1. 安定してニーズのある「独占業務のある資格」 
  2. 未経験転職に効果的「転職先で活かせる資格」
  3. 仕事への熱意をアピール「現職のスキル向上のために取得した資格」

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

①安定してニーズのある「独占業務のある資格」 

では安定してニーズのある資格ですが、これは独占業務のある資格です。

 

資格には、資格を持っている人だけができる業務を持つものがあります。
そのような資格を持っていれば、一定のニーズがあり、少なくとも仕事が見つからない状況は避けられます。

 

資格 独占業務
公認会計士 監査業務
行政書士 公的書類作成
気象予報士 気候予測
宅建士 重要事項説明

 

メジャーどころのみ集めたため、難易度の高い物ばかりに見えてしまいますが、他にも独占業務を持つ資格は多数あります。

 

調べてみると、取っただけで「手に職」を付けられる資格がある。。かもしれません。記載した中では宅建士は難易度が高くないのでおすすめです。

 

中には独占業務のみでなく「不動産屋を経営するには5人に1人宅建士でないといけない」というスペシャルルールを持つものもありますので、まさに持っているだけでニーズのある資格と言えます。

 

まとめになりますが、安定してニーズのある資格は独占業務を持つ資格です。
その中にも人気不人気はありますので、

 

  • 難易度に対する合格の可能性
  • 市場のニーズ
  • 自分の興味 

 

で決めるとよいでしょう。

 

②未経験転職に効果的「転職先で活かせる資格」

次におすすめなのは、転職先に親和性のある資格です。

 

当たり前ではありますが、経営コンサルタントになりたいのに、ファイナンシャルプランナーを持っていてもあまり意味はないですよね。 

 

中小基調診断士をとって経営について知識を持っていることをアピールしたり、簿記を取って会計がわかることをアピールするのが効果的と思います。
これは未経験の転職では特に効果的です。

 

今まで営業をしていた人がエンジニアになりたいと思ったとき、資格なしではやる気も潜在的性もわかりません

 

しかし、あらかじめ基本情報技術者でもとっていれば、いくらかの知識とやる気があることは伝えられます。

 

その意味で、未経験転職を成功させるためには特に有効な資格の取り方がこちらです。

 

管理人は基本情報技術者を合格した後、住宅営業(文系)からエンジニアへの未経験転職を成功させました。資格が一定のアピールになったと感じています。

 

③仕事への熱意をアピール「現職のスキル向上のために取得した資格」

さて、先ほどの「転職先で活かせる資格」は実務で活かせるスキルであるのに対して、こちらは自分が努力できることを伝えるための道具です。

 

「現職では仕事のみでなく、営業士検定をとるなど、業務外でもスキルの向上を図ってきました。御社でも引き続き熱量をもって。。。」というアピールに使うイメージになります。

 

転職先では使えない資格だとしても、自分の勤勉さをアピールする道具としては一定の効果があります。

 

ライバルは意外とスキルアップに消極的。

 

 

状況に応じて適切な資格取得を

このように、目的に応じてとるべき資格の考え方が変わってきます。
ぜひ自分にあった資格を見つけてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

◆Summary
  • 希望する業界・職種を決めていれば、その領域で活かせる資格を
  • 決まっていなければ、現職のスキルアップが見込める資格を
  • 領域にこだわりなく、手に職つけたいなら独占業務のある資格を

 

資格があるに越したことはありませんが、転職では「よい企業が募集をしているその一瞬」を逃さないことも非常に大切です。
資格取得に励んでいる間に、優良企業の募集が終わってしまっていたら目も当てられません。

 

まずは無料求人サイトに登録して、求人を定期的に見られるようにしておきましょう。

【求人・サービスで選ぶ】転職を検討している人のための転職会社ランキング

 

▼資格取得に価値があるの?

資格取得は意味がないのか - 肩書・見た目の価値で評価が上がる