Change Forward

「かわる」をアシストする

やっぱり資格持ちは有利!高年収転職におすすめの資格・アピール方法とは

やっぱり資格持ちは有利!高年収転職におすすめの資格・アピール方法とは

 

やっぱり資格持ちは有利!高年収転職におすすめの資格・アピール方法とは

 

転職をするとき、「何か資格を持っていれば有利かも!」と思ったことはないでしょうか。

 

一時期の資格ブームは落ち着いてきましたが、終身雇用や年功序列が薄れていく風潮の中、よりどころとなるものを求めると、資格に行きつく方も多いのではないかと思います。

 

そこで、今回は転職におすすめの資格をご紹介します。

  

資格は自分を売り込む道具として効果的です。

 

【この記事を読むメリット 】

  • 転職におすすめの資格がわかる
  • 資格を活かして面接でアピールできるようになる

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

資格は転職に活かせる

資格は間違いなく転職に活かせます。

自分の能力や知識を客観的に表現しようとするとき、一番わかりやすいアピール手段だからです。

 

 

1.認定機関が説得力を増す

資格は国や民間団体が発行しているのですが、そのような機関に認定されることは、1つほかの候補者に勝る武器を持つことになります。

 

例を見てみましょう。

 

<人の評価>

  • 「お客様に不動産の知識を褒められた」
  • 「プログラミングのスキルには自信がある」

 

<機関の評価>

  • 「宅地建物取引士の資格を持っている」
  • 「応用情報技術者を持っている」

※応用情報技術者を持っていてもプログラミングはできませんが、例えとして使っています。

 

どちらの方が説得力があると感じるでしょうか。

機関の評価(資格)の方がが説得力があるように感じるのではないかと思います。

 

なぜなら、

 

  • お客様 < 国 であり
  • 自信(自分) < 国 だから

 

です。説得力が違うのです。

 

同じ内容だとしても、その証拠となる認定者の保証力が断然違います

これがメリットの1つです。

 

誰が言っているかによって、説得力が違うということか。

 

資格には国が認定する国家資格と、民間団体が認定する民間資格の2種類がありますが、余程マニアックな資格でなければどちらでも大きく違いはありません

 

例えば、先ほど挙げた「宅地建物取引士」「応用情報技術者」は国家資格ですが、「証券アナリスト」「臨床心理士」などは民間資格です。

 

国家資格だから民間資格より偉いということはなく、俗人的な評価ではなく機関から認定を受けていることの証明が大切です。

 

 

2.同じ物差しで点数が付く

また、資格は受験者によって差別なく、同じ基準で合否を判断します。

 

A社で「優秀だ!」ともてはやされている人が、B社に転職してもバリバリ活躍できるかは判断できないですよね。

 

なぜならA社とB社で「優秀」という基準が違うからです。

 

A社の方が評価の基準が甘ければ、意気揚々とB社に転職したあと、痛い目を見るかもしれません。

 

そこで、資格という会社に関係ない共通の基準があれば、同じ活躍ができると判断できる材料になります。

 

学生時代の「センター試験」のようなものと考えればわかりやすいかと思います。

 

XX高校の試験で100点を取っていても、○○高校の試験で100点が取れるかはわかりません。

しかし、センター試験という共通の基準で判断すると、だいたいの見通しは立ちます。

 

このように、個人単位や会社単位を超えた、評価の基準となるのが資格のメリットです。

 

資格を持っていれば、面接官も採用後の活躍ぶりを想像できるということね。

 

 

転職におすすめの資格 

では、転職に活かせる資格とはどのような資格でしょうか。
私は3パターンあると思っています。
 
  1. 安定してニーズのある「独占業務のある資格」 
  2. 未経験転職に効果的「転職先で活かせる資格」
  3. 仕事への熱意をアピール「現職のスキル向上のために取得した資格」
 
ひとつずつ見ていきましょう。
 

転職に活かすには、戦略的に資格を取る必要がある。
目的を考えて取得しよう。

 

 

【おすすめ①】安定してニーズのある「独占業務のある資格」 

では安定してニーズのある資格ですが、これは独占業務のある資格です。

 

資格には、その資格を持っている人だけができる業務があるものがあります。

 

そのような資格を持っていれば、一定のニーズがあり、少なくとも仕事が見つからない状況は避けられると思います。

 

資格 独占業務
公認会計士 監査業務
行政書士 公的書類作成
気象予報士 気候予測
宅建士 重要事項説明

 

メジャーどころのみ集めたため、難易度の高い物ばかりに見えてしまいますが、他にも独占業務を持つ資格は多数あります。

 

調べてみると、取っただけで「手に職」を付けられる資格がある。。かもしれません。

 

記載した中では宅建士は難易度が高くないのでおすすめです。

 

かつ独占業務のみでなく「不動産屋を経営するには5人に1人宅建士でないといけない」というスペシャルルールがあるので、まさに持っているだけでニーズのある資格となります。

 

まとめになりますが、安定してニーズのある資格は独占業務を持つ資格です。
その中にも人気不人気はありますので、

 

  • 難易度に対する合格の可能性
  • 市場のニーズ
  • 自分の興味

 

で決めるとよいと思います。

興味がないと頑張れないですからね。。

 

 

【おすすめ②】未経験転職に効果的「転職先で活かせる資格」

次におすすめなのは、転職先に親和性のある資格です。
 
当たり前ではありますが、経営コンサルタントになりたいのに、ファイナンシャルプランナーを持っていてもあまり意味はないですよね。 
 
中小基調診断士をとって経営について知識を持っていることをアピールしたり、簿記を取って会計がわかることをアピールするのが効果的と思います。
 
これは未経験の転職では特に効果的です。
 
今まで営業をしていた人がエンジニアになりたいと思ったとき、資格なしではやる気も潜在的性もわかりません
 
しかし、あらかじめ基本情報技術者でもとっていれば、いくらかの知識とやる気があることは伝えられますよね。
 
その意味で、未経験転職を成功させるためには特に有効な資格の取り方がこちらです。
 

管理人は基本情報技術者を合格した後、住宅営業(文系)からエンジニアへの未経験転職を成功させました。資格が一定のアピールになったと感じています。

 

【おすすめ③】仕事への熱意をアピール「現職のスキル向上のために取得した資格」

さて、先ほどの「転職先で活かせる資格」は実務で活かせるスキルであるのに対して、こちらは自分が努力できることを伝えるための道具です。

 
「現職では仕事のみでなく、営業士検定をとるなど、業務外でもスキルの向上を図ってきました。御社でも引き続き熱量をもって。。。」というアピールに使うイメージになります。
 
転職先では使えない資格だとしても、自分の勤勉さをアピールする道具としては一定の効果があります。
 

自分の仕事に熱心に取り組んでいることをアピールできる意味で、効果はありそう。
日本人はみんな、意外とスキルアップに消極的だからな。。

 

 

状況に応じて適切な資格取得を

このように、目的に応じてとるべき資格の考え方が変わってきます。
ぜひ自分にあった資格を見つけてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
◆Summary
  • 資格は客観的な物差しとして説得力がある
  • 希望する業界・職種を決めていれば、その領域で活かせる資格を
  • 決まっていなければ、現職のスキルアップが見込める資格を
  • 領域にこだわりなく、手に職つけたいなら独占業務のある資格を