年収アップNAVI

仕事・副業・転職で叶える年収アップ

12月から1月の年末年始にかけて転職活動をするメリット

12月から1月の年末年始にかけて転職活動をするメリット

 

年末年始の転職活動は得?損?という方へ

 

転職活動をする場合、どうすれば一番いい条件で転職ができるのか、という点は大きな関心事になるかと思います。
中でも内定がもらいやすい時期、好条件が出やすい時期は注目度の高いテーマです。

では12月から1月までの年末年始の期間は転職活動に向いているのでしょうか
そのメリットを見ていきましょう。

 

【このページを読むメリット 】

  • 年末年始の転職活動のメリデメがわかる

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

12月~1月の転職活動のメリット

12月から1月の年末年始にかけて転職活動をするメリット

 

早速、年末年始に活動するメリットから見ていきましょう。
求職者側と採用企業側、それぞれの目線で見ることでもれなく確認ができます。

 

【企業目線】

  1. 年末年始に面接に来る人は熱意があると思われる
  2. 比較する候補者がいない
  3. 新年度の4月から活躍してもらえる
  4. 内定辞退した新卒の枠が空いている

 

【求職者目線】

  1. 年末年始に採用をしている企業は本気である
  2. ボーナスをもらってから退職できる
  3. 4月には新会社に慣れた状態で新年度をスタートできる

 

年末年始をフルに活用。

 

【企業目線】

1.年末年始に面接に来る人は熱意があると思われる

年末年始はどこの会社でも年内の仕事を片付けるために慌ただしく、また年末年始に向けた買い物なども多いことから、会社員は時間がなくなりがち。
そんな中、転職活動の面接に時間を割けるということは、上手に時間をやりくりして、熱意を持って転職活動をしていると思われやすいです。


採用する側の企業としては、内定を出したのに他の企業に転職されてしまったり、あるいは転職をやめて元の会社に留まられてしまうと都合が悪いため、熱意のある人は歓迎されるのです。

 

冬であるために寒く、転職活動のシーンに関わらずアクティブに活動しない人が多いこともあり、特別活発に見せることもできるでしょう。

 

2.比較する候補者がいない

前述のとおり、冬はアクティブに動く人も減るため、転職におけるライバルは少なくなりがちです。
「年末年始で求人情報を見てから」と考える人も少なくないでしょう。

 

そのため、転職のライバルが少ない状況で選考に臨める結果、内定が得やすいという大きなメリットがあります。

 

転職は他の候補者との競争。敵は少ないほどいい。

 

3.新年度の4月から活躍してもらえる

企業の多くは年度の区切りで予定を組むため、人事異動や事業計画の大きな波は3月・4月に発生します。
その際、体制が整った状況である方が企業にとって望ましいため、スケジュールを逆算すると

 

年末年始の採用 = 4月に間に合う採用

 

となるのです。これは実は大きなポイント。企業にとっては来年度の事業計画を見据える上で、人材を採用するメリットが大きいのが年末年始なのです。

 

4.内定辞退した新卒の枠が空いている 

若手にとっては、新卒が内定辞退をした枠が空いている可能性もあり、チャンスが広がる可能性もあります。

 

多くの企業は(表向きには)4月から採用活動を開始し、夏にはおおむね内定者を固めています。
その後、一部の内定者は家の都合や他社からの内定を理由に内定辞退をすることになりますが、企業はそれでは困ります。予定より人員が不足するためです。

 

そこで、秋以降に要員をほてんするべく秋の新卒採用や転職者を募集することになります。募集のタイミングでうまく応募することができれば、内定の可能性が高まります。

 

企業の都合も頭に入れるといい転職ができる!

 

【求職者目線】

ここからは転職希望者の目線で考えます。

 

1.年末年始に採用をしている企業は本気である

12月・1月は転職希望者が忙しいように、採用企業側も当然忙しい時期。そんな中でも募集を行い、面接に時間をとっているということは、採用への熱量が高いといえます。
更に「1day面接」や「土日面接可能」などの条件もあれば、人が欲しくて仕方ない!という状況であることがうかがえますね。

 

2.ボーナスをもらってから退職できる

内定・採用とは違った目線ですが、一般的にはボーナスの時期と呼ばれる12月に、現職からのボーナスも受け取ってから退職できる点もメリットといえるでしょう。

 

もらえる物はもらわないとね。

 

3.4月には新会社に慣れた状態で新年度をスタートできる

12月・1月に転職活動をした場合、退職まで約1カ月の引継ぎを行うとすると、3月の入社になる場合が多いかと思います。

 

1カ月の研修・OJT期間を経験した上で4月の新年度に臨めるため、ウォーミングアップが終わった状態で、新年度の案件・チームで活躍することができます。


新卒の入社が4月であり、4月は部署がバタバタすることも。「新人と同じレベルのことを訊いてくるな」と思われないという点でもメリットがあり、タイミングをずらした3月入社を狙った早めの転職活動はおすすめです。

 

入社後の後のことも見据えて。

 

年末年始の就職活動はメリット盛りだくさん

このように、12月から1月にかけては他の時期にはないメリットがいつくもあります。

 

出不精になってしまいがちな冬こそ、他の候補者との差をつけるにはうってつけ。特別なことをしなくても、転職活動をするだけで差がつく時期を活かしましょう。

 

こちらでは通年で見たおすすめ時期を紹介しています

おすすめの転職時期は?~20代・30代・40代それぞれのタイミング~