年収アップNAVI

仕事・副業・転職で叶える年収アップ

おすすめの転職時期は?~20代・30代・40代それぞれのタイミング~

おすすめの転職時期は?
~20代・30代・40代それぞれのタイミング~

 

おすすめの転職時期は?~20代・30代・40代それぞれのタイミング~

 

転職を考えるとき、いつが最適なタイミングなのか悩むことはないでしょうか。

 

勇気を出して会社を辞めるので、「失敗はしたくない!」「一番いいタイミングで転職したい!」という想いがあるのではないかと思います。

 

そこで今回は、一般的に言われている転職に適した時期と本当のところを掲載していきたいと思います。

インターネットや書籍で転職の最適な時期を調べた内容と、私が転職4回の中で感じた実際のところを書いていきたいと思います。

 

このようなお悩みを持っている方にご覧いただけると嬉しいです。

 

  • 転職にいい時期があるのか知りたい
  • 一番いいタイミングで転職したい

 

それでは今回のコンテンツです。

 

 

転職時期に関する一般的なウワサ

まずは転職サイトや情報誌に書かれている、転職にいい時期を書き出してみます。

 

おすすめ
時期
理由
2月~4月 年度の切り替わり時期であり
採用計画やプロジェクト計画が変わる時期であるため
追加増員が必要となる時期である
4月~5月 4月から新年度が始まり、不足している人員や
すぐ辞める新卒の補填、3月に退職した人員の
補填を行う時期
8月~10月 決算期の半期にあたる時期であり
採用計画やプロジェクト計画の見直し時期であるため
追加増員が必要となる時期である

※ スマホ閲覧の場合は横スライドできます

 

 概ねイメージはわきますね。

 

会社が大きく動く時期に人事計画の策定があり、そのタイミングで足りない人材を募集する、というイメージです。

 

 4月~5月については、4月に一括採用した新卒がすぐ退職してしまったり、年度末の3月で退職した経験者の穴を補填するための募集が一定あるようで、そのことが書かれていました。

 

なので、対象年齢(スキルレベル)で分けると下記のようなイメージになるかと思います。

 

おすすめ
時期
理由 20代
第二新卒
30代
中堅層
40代~
管理職
2月~4月 年度の切り替わり時期であり
採用計画やプロジェクト計画が変わる時期であるため
追加増員が必要となる時期である
4月~5月 4月から新年度が始まり、不足している人員や
すぐ辞める新卒の補填、3月に退職した人員の
補填を行う時期
8月~10月 決算期の半期にあたる時期であり
採用計画やプロジェクト計画の見直し時期であるため
追加増員が必要となる時期である

※ スマホ閲覧の場合は横スライドできます

 

 

2月~4月
  • 20代第二新卒枠・未経験ポテンシャル採用枠は新卒採用と競合するため、ややライバルが多い状況になっていると思います。
  • 30代中堅層はコストパフォーマンスがよい層になるため、3シーズンとも応募のチャンスはありそうです。
  • 40代管理職枠はメジャーな転職期・定年などで管理層社員がへる2~4月が主戦場になると思われます。

     

4月~5月
  • 20代第二新卒枠・未経験ポテンシャル採用枠は早期離脱した新卒の代替や行う4~5月の枠はチャンスがあると思われます。
  • 30代中堅層はコストパフォーマンスがよい層になるため、3シーズンとも応募のチャンスはありそうです。
  • 40代管理職枠は転職で離脱するケースも多くはないため、空きポジションが頻繁に発生するわけではありません

 

8月~10月
  • 20代第二新卒枠・未経験ポテンシャル採用枠は離脱した新卒の代替や行う8~10月の枠はチャンスがあると思われます。
  • 30代中堅層はコストパフォーマンスがよい層になるため、3シーズンとも応募のチャンスはありそうです。
  • 40代管理職枠は転職で離脱するケースも多くはないため、空きポジションが頻繁に発生するわけではありません

 

世間一般にはこのように言われています。

 

30代を優遇しているように見えますが、これは事業計画を見直す際に、コストを抑えて戦力になる人員を増やそうとするとこの層が対象になるためです。

 

20代の経験が少ない層では、即戦力として活躍を期待するのが難しく、採用から少しリードタイムができてしまいます。

一方40代の管理職層はコストが高くなってしまうため、やや腰が重くなってしまう傾向があります。

その点、中堅層が勝手がききやすいという状況です。

 

◆Summary
  • 採用計画が見直される時期には求人が増える傾向がある
  • 具体的には2月~4月、4月~5月、8月~10月

 

しかしながら、成功に時期も年齢も関係ないというのが私の感想です。

 

 

実態はどうか~時期も年齢も関係ない~

さて、では実際にはどうでしょうか。

 

私は転職を4回経験し、年間10%で年収を上げてくることができたのですが、「最適な時期はない。チャンスが来た時が最適な時期」と感じました。

 

 

「最適な時期」は転職の成功に必要か

私は、最適な時期はないと思っています。通年チャンスという考えで転職をしてきました。

 

例えば、恋愛に例えると「転職におすすめの時期」は一番婚活をしている異性の多い時期はいつかを考えていることになります。

 

それに対して私たちのゴールは幸せな結婚(=希望する企業からの内定・転職)ですよね。

なので本当は「私が希望する企業から内定をもらいやすい時期はいつか」というのが大事なテーマなのですが、こればかりはわからないと思います。

 

 

成功したいなら通年で積極的に

婚活をしている異性が少ない時期に、性格がよくて・お金持ちの・イケメン(美女)が婚活を始める可能性もあり、そんなタイミングの方がライバルは少ないかもしれません。

 

そのため、「とにかく内定が欲しいのであれば、おすすめの時期は企業のメジャーな人事計画の見直し時期。希望先が決まっていれば、時期にこだわらず募集情報を収集すべし」が私の意見です。 

 

今が1月で内定をもらっていて、2月~4月を待ったほうがよいか、という見方をすると、これも自分との相談だと思います。

 

やっと両想いになった人と結婚するのか、もっといいひとがいるかも!と婚活を続けるのか。。

性格が出そうですね。笑

 

私は基本的に通年採用を行っている企業に移っていったので、あまり転職活動の時期は影響しませんでした。
また、転職先の企業は自分なりに厳選して受けていたので、結果的に求人のピークは待たずに転職する派でした。

 

◆Summary
  • 「求人が多いこと」ではなく「希望する企業から内定が出る」ことが大切
  • 時期を待つか、動き出すかは自分次第

 

 

結論:求人の多い時期はあるが、その中に自分の希望の企業がなければ意味がない

一般的に言われている、求人が多い時期という考え方には私も賛成です。

 

日本企業は決算期が3月に偏っていて、また採用計画も学生が卒業する4月を中心に考えられているので、年間で波があるのは感じます。

 

しかし、大切なのはその先の「希望する企業から内定をもらう」なので、その点を忘れず活動することが大切かと思います。