年収アップNAVI

仕事・副業・転職で叶える年収アップ

9割のブロガーにWordPressは不要。無料ブログとの差を一覧で比較してみた

9割のブロガーにWordPressは不要。無料ブログとの差を一覧で比較してみた

 

9割のブロガーにWordPressは不要。無料ブログとの差を一覧で比較してみた

 

ブログを始めるときに検討することになる「WordPress vs 無料ブログ論争」。
多くのサイトでWordPressをお勧めする声がありますが、実際はどうでしょうか。

 

アフィリエイトも解禁され、その差は縮まりつつありますが、WordPressと無料ブログの優劣を詳しく見ていきましょう。

 

【この記事を読むメリット 】

  • WordPressと無料ブログの比較ができる

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

WordPress vs 無料ブログ比較一覧

早速比較していきましょう。
観点は以下のとおりです。

 

分類 チェックポイント WordPress 無料ブログ
コスト ドメイン代 ×
サーバー代 ×
手軽さ 初期設定 ×
記事投稿
デザイン基本設定
上級者向け デザインカスタム
検索順位
Googleアドセンス
アフィリエイト
10 その他 権利

 

細かく見ていきますが、結論としては以下のとおりです。

 

  • 初級者は無料ブログで十分
  • WordPressは上級者向けの特徴が充実

 

そして、よく言われるように、ブロガーの9割は1年続かずにブログを離れていきます。
つまり、9割のブロガーにとってWordPressは不要と言えます。
ムダ遣いをしてしまう前に、もう少し考えてみてもよいかもしれません。

 

本当に上級者向けの機能が必要か考える。

 

 

【コスト】1.サーバー代 / 2.ドメイン代

 

無料ブログでは、その名の通り無料であるのに対して、WordPressはお金がかかります。

 

WordPressのシステムや、記事の情報を置くための「サーバー」を借りる契約をする必要があるほか、自分のブログにネット上の住所を持たせる「ドメイン」の登録が必要です。

 

  • サーバー…ブログを置いておくための「倉庫」
  • ドメイン…ブログ訪問者を案内するための「住所」

 

これらは無料ブログの場合は、サービスとして提供されているためお金がかかりません。
金額としては月で計算すると数千円ですが、お金を払いたくないという方はここで無料ブログ一択になります。

 

【手軽さ】3.初期設定

初期設定の手軽さは、無料ブログの圧勝です。

 

先ほどのサーバーやドメインの設定を含め、WordPressではやや複雑な設定も必要になります。そのため、ほぼ設定が終わっており、簡単な手続きでブログを始められる無料ブログとは大きな差があると言えます。

 

  • 初期設定…倉庫内の配置決め

 

【手軽さ】4.記事投稿 / 5.デザイン基本設定

ブログのメイン機能といえる記事投稿、そして基本的なデザインの設定については双方問題なく利用できると言えます。

 

WordPressの方が、より細かい設定ができるようになっているため、機能は充実していながら、普段PCを使わない方には少し難しく見えるかもしれません。

 

記事投稿やデザインの基本機能は好みで決めてよいでしょう。

 

【上級者向け】6.デザインカスタム

デザインのカスタムについてはWordPressに軍配があがります。
WordPressには「プラグイン」という機能があり、機能の追加が簡単にできるようになっています。

 

例えば、スマホから見た時には「TOPに戻る」ボタンを表示する機能などを、ダウンロードして簡単に搭載することができるのです。
いろいろな機能を盛り込んでブログをカスタマイズしていきたい人には、WordPressの方が便利になります。

 

HTMLやCSSを活用した、プログラミングをできる人は無料ブログでも戦えないことはないのですが、はやりプラグインの便利さには勝てません。

 

【上級者向け】7.検索順位

ブログのアクセスアップを考えるときには、検索順位が重要になりますが、これもWordPressが強いです。

 

WordPressでは、前述のとおり住所である「ドメイン」の設定が必要になるのですが、ここに経験値が溜まっていくと検索順位が上がりやすくなります。
無料ブログでは、住所がそのブログサービスのものであり、経験値が貯まりにくくなっています。

 

ここは自分だけの住所を取るWordPressの勝ちとなりますが、はてなブログのように取得したドメインでブログを運営できる無料ブログサービスもありますので、探してみてもよいでしょう。

 

【上級者向け】8.Googleアドセンス

Googleアドセンスは、サイトを見る人ごとに興味のありそうな広告を表示してくれる、収益のあがりやすい広告です。

 

Googleアドセンスは、ドメインを取得していないと審査が通らない、という説が根強いのですが、一部では無料のはてなブログで審査が通った、という話もあるようです。

 

 ※外部サイトに飛びます

【2019年8月】はてなブログ無料版でもアドセンス審査合格できる - 野山で静かに過ごしたい

 

【上級者向け】9.アフィリエイト

ブログサービスによりますが、無料ブログでは一部アフィリエイトを禁止しているところもあるようです。
また、暴力やエロなど成人コンテンツの広告はほぼ100%禁止ですね。

 

上記のジャンルで広告を出したい人はWordPress一択です。

 

【その他】10.権利

無料ブログサービスの場合、利用規約に反したことをしていると、これまで公開した記事がすべて非公開にされてしまうリスクがあります。
忠告を受けてから少しの猶予期間がもらえるという情報もありますが、思うように運営できないのはストレスになりますね。

 

常識の範囲でサイト運営をしていれば問題はありませんが、仮にブログサービスの会社が倒産してしまった場合にも、サービスのサポートがぶつっと切れてしまうため、ブログの引っ越しが必要になります。

 

可能性は低いとはいえ、長く続けていきたいブロガーには心配なポイントです。

 

 

WordPressの機能を使いこなせる?

再度一覧を見ながら総括すると、ライトユーザー・初心者は無料ブログ、どんどん積極的に運営していきたい上級者はWordPressと言えそうです。

 

分類 チェックポイント WordPress 無料ブログ
コスト ドメイン代 ×
サーバー代 ×
手軽さ 初期設定 ×
記事投稿
デザイン基本設定
上級者向け デザインカスタム
検索順位
Googleアドセンス
アフィリエイト
10 その他 権利

 

さて、「デザインカスタム」「検索順位」「Googleアドセンス」「権利」において、WordPressが優位となりましたが、ここは重要なポイントでしょうか。

 

「デザインカスタム」は選ぶだけのパッケージでもそこそこお洒落なものがあり、強くこだわりのない人は十分満足できるのではないでしょうか。
また、CSSのプログラミングコードもネットに公開されており、コピペで対応できそうです。(当サイトもほぼコピペの寄せ集めでできています)

 

「検索順位」「Googleアドセンス」ですが、ブログの収益化を考えていない人には関係ない要素であるほか、感覚的にはアクセス件数が月1万を超えない程度では、アドセンスでは大して稼げません
アフィリエイトに注力することで、十分収益はカバーできるでしょう。

 

「権利」について。常識的に運営しており、大手のブログサービスを利用している限りはサイトがなくなる恐れは極めて低いでしょう。

 

そして何より、ブロガーの9割は1年未満で辞めています
多くの人が「自分は大丈夫」と思いながら去っていくのですが、そこに無駄なお金をかけのるか、検討してもよいかもしれません。

 

それでもWordPressがよく見える人へ

なぜ先輩ブロガーがこぞってWordPressをお勧めするのか。
それは自分たちに収益が入るためです。

 

彼らはドメイン取得のアフィリエイト広告、サーバー契約のアフィリエイト広告をはじめ、WordPressの設定方法でアクセスを集め、Noteでノウハウを売ります。
上級者にあこがれて先輩方に貢いでもよいですが、自分は正しい判断をしているか、確認してみることをおすすめします。

 

▽無料ブログでも稼げますよ

www.biz-thinking-k.com