Change Forward

「かわる」をアシストする

【パワーポイントでもできる】ブログのオリジナルデザインヘッダーを作る方法とアイデア

【パワーポイントでもできる】ブログのオリジナルデザインヘッダーを作る方法とアイデア

 

自分だけのヘッダーアイコンを作る方法をご紹介。

 

 

自分のサイトを作成したとき、悩みのタネとなるのがヘッダーとアイコン。
人目につきやすくサイトの印象を左右するために、なかなか決められない方も多いのではないでしょうか。

 

自分の好みでパッと決めてしまってもよいのですが、せっかく作成したサイトはきれいにセンス良く見せたいのが心情かと思います。

  

今回はオリジナルヘッダーの作り方とアイデア出しについてご紹介します。
イメージを膨らませて、お洒落なサイトを作りましょう。

 

【この記事を読むメリット 】

  • オリジナルヘッダー・アイコンの作り方がわかる
  • デザインのアイデア出しができるようになる

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

作成はイメージづくりから始まる

【パワーポイントでもできる】ブログのオリジナルデザインヘッダーを作る方法とアイデア


まずは手を動かす前にイメージを持つことが重要です。

 

全体の手順としては、以下のとおりです。

 

  1. デザインのコンセプトを決める
  2. デザインのイメージを持つ
  3. アプリでアイコンを作成する

 

「とりあえず描いてみよう!」とイラスト編集用のアプリをダウンロードして、設定などをしていくと、やっている感は出るのですが肝心のデザイン案が出てこないところで足が止まってしまいます。
イメージができ上ってから、その絵が作成できそうなアプリをダウンロードするようにしましょう。

 

1.デザインのコンセプトを決める

中長期でブログを書いている方は、すでに自分のカラーができている場合もあるかと思います。
また、特化ブログを運営されている方は、そのテーマに沿ったコンセプトにすると相性がよいでしょう。

 

  • 自分のカラーを活かす
  • ブログのテーマを活かす

 

自分のカラーを活かす

例えば、サイトの中でもフランクな口調で冗談を言うような方の場合、色味も明るい黄色や赤、蛍光色を使い、ややくだけたポップなフォントにしてもよいかと思います。

 

イラストを使ったり、面白系の画像を背景にしてもよいでしょう。

 

反対に、丁寧な言葉遣いで理知的な記述が多い場合には落ち着いた紺や緑、紫などが合います。シックなモノトーンもいいですね。

 

キャラクターとマッチしないデザインになってしまうと閲覧者は違和感を感じてしまいます。自分のキャラクターに合うコンセプトを決めましょう。

 

ブログのテーマを活かす

ブログのテーマに合わせることも大事です。

 

沖縄を紹介するサイトなら鮮やかな青やオレンジを基調とし、海や熱帯魚の画像がよくあいます。
プログラミングをお勧めするサイトであれば、楽しい・スマート・クールなどよい印象を持たれるようなデザインを目指すのがよいです。

 

デザインだけを見たときに、閲覧者がそのサイトをイメージできるものであることが大切です。

 

ご参考までに、当サイトは転職・キャリアやビジネススキルなど、人生を前に進めるための情報を公開しているため「前向きに進む」というコンセプトを持っています。

 

2.デザインのイメージを持つ

 

コンセプトができたら、次は絵に起こしてみます。ここが山場と言っても過言ではありません。いろいろなサイトや広告を見てセンスを盗みましょう!
アイデアがすぐに出てくる方は3に進んでください。

 

主に以下のポイントを考えながら、デザインを固めていきます。

 

  • 背景は無色 / 色 / 画像
  • 文字は通常フォント / 個性派フォント / 図形
  • サブメッセージはあり / なし

 

青字になっている「画像」「図形」については、それ自体メッセージ性が高いため、慎重に選ぶ必要があります。上級者向けとも言えるでしょう。
両方取り入れるとデザインが”ガチャガチャ”してしまうことも多いため、まずはどちらか一方にすることをお勧めします。

 

手軽に画像を使う

画像はネット検索でイメージに合うものが見つかれば、すぐに用意ができるため手軽というメリットがあります。その一方で、”ドンピシャ”のものが見つかるかは運次第というデメリットがあります。
自分で撮影した画像を使うという方法もあります。

 

こだわりの図形を使う

パワーポイントなどのアプリを利用して自分で文字を図形で作成する方法です。
作成に手間・時間はかかりますが、自由に編集ができるためオリジナリティのあるアイコンが作成できます。

 

3.アプリでアイコンを作成する

 

ここまでにイメージができていれば、あとは作成するのみです。

 

canvaやCHARATなどの専用アプリを使ってもよいですし、馴染みのパワーポイントでも画像を作成することができます。
当サイトのヘッダーは無料版パワーポイントとも呼ばれるLibre Office Impressで作成しました。

 

【背景:なし 文字:図形 サブメッセージ:なし】の例

ブログのオリジナルデザインヘッダーを作る方法とアイデア

※PC版のみサブメッセージを表示しています

 

「前に進む」というコンセプトから右向きの長い矢印を軸として、計画的なキャリア形成という意味で「C」をコンパス・舵風にしています。
重厚感は出したくないのですが、親しみを感じていただけるようにライトな緑にしました。

 

 

デザインはサイトの信頼性を決める

人は見た目が8割、という本もありましたが、人は見た目でものごとを判断しがちです。せっかくの役に立つ情報も、デザインがよくなければ読まれないかもしれません。

 

「デザインはシンプルでいいけど、人と同じではつまらない」という方は、ヘッダーからオリジナルのデザインにしてみてはいかがでしょうか。

 

街中にころがっている広告から、インスピレーションが湧いてくるかもしれませんよ。

 

【デザインを整えたら収益化も】

アフィリエイトは自分のサイトに広告を表示し、申込の件数によって報酬がもらえる仕組みです。メディアを持っていれば、働かなくても収入が得られるビジネスとして、根強い人気があります。
興味のある方は下記のリンクからご覧ください。

 

【バリューコマース】

 

【もしもアフィリエイト】