Change Forward

「かわる」をアシストする

【カスタムURL?アクセス数?】「アドセンス サイトの停止または利用不可」対策3点

 

【カスタムURL?アクセス数?】「アドセンス サイトの停止または利用不可」対策3点

 

【カスタムURL?アクセス数?】「アドセンス サイトの停止または利用不可」対策3点

 
昨日、ようやくアドセンスの合格通知が来ました。

 

実は恥ずかしながら、7回のチャレンジをした末にようやく掴んだ合格です。

 

今回はアドセンスにトライされる方のために、合格のためにしたことをご紹介したいと思います。

 

【この記事を読むメリット 】

  • アドセンス合格のためにすべきことがわかる
  • アドセンスに受からないときにも前進できるようになる

 

一発合格をしている人ばかりではない!

 

それでは今回のコンテンツです。

 

   

アドセンス サイトの停止または利用不可とは

アドセンスの審査を依頼し、待つこと1週間。

 

メールを受信し、結果を確認すると見慣れた文字が表示されています。

 

  • アドセンス サイトの停止または利用不可

 

一体これはどういう意味なのでしょうか。

 

 

サイトがGoogleから検知できない場合のエラー

一般的には、このエラーはサイトの存在が確認できない場合に表示されるものです。

 

Googleのクローラ(サイト巡回システム)がサイトを見つけられなかった時にこの様な結果が返ってきます。

 

しかしサイトは表示できていて、アドセンスのコードを埋め込んだことも申請で検知できていたため、大きな問題があるとは思えません。

 

そこで、手当たり次第にもがいてみることにしました。

 

【前提情報】

  • サイト開設は2019/5/5
    ⇒1カ月満たない時期に申請して落ちまくり
  • 一定量のコンテンツ作成は済(転職系で約30記事、平均約2200文字)
  • 独自ドメイン対応は15記事近く書いてから行った

 

【すでに実施していたこと】

  • プロフィールの掲載
  • 問合せフォームの作成
  • プライバシーポリシーの記載
  • 「www」URLへのリダイレクト設定
  • Google Search Consoleへのページ登録(サイトマップはエラー状態)

 

【試したこと】

  1. URLをカスタムURLにした
  2. サイトマップページを作成した
  3. カスタムURLをすべてGoogle Search Consoleに登録した

 

 

1.URLをカスタムURLにした

まず、これまでこだわっていなかったURLを、カスタムURLに指定し直しました。

 

カスタムURLは、はてなブログの編集画面で記事ごとに設定することができます。

 

【7度目の正直】「アドセンス サイトの停止または利用不可」対策のために試すこと

 

ここを設定しない場合、自動的に日付や公開日時でURLが決定されるのですが、その場合ただの数字の羅列になってしまいます。

 

このようなイメージです。

 

 

今では下記のようなURLにしています。entryの後ろが先ほどと変わっています。

 

 

「about-blog」はカテゴリー、recommendは記事の内容としています。

 

 

カスタムURLにするメリット

数字URLでも表示することにはまったく問題がないのですが、少し調べてみるとSEOにも影響があるらしい。

 

ただの数字の羅列より、意味を持ったURLの方がGoogleの検索に認知されやすいとのことで、検索にヒットする確率が上がるということです。

 

ものは試しで全30記事のURLをすべて変更しました。

 

また、こうすることで、URLからどの記事かを想起しやすくなるメリットもあります。

 

自分のサイトとはいえ、何月何日にどの記事を書いたか、覚えていないですよね。

 

記事にわかりやすいURLをつけることで、自分でも識別がしやすくなります。

 

 

カスタムURLにするデメリット

そんなカスタムURL設定にもデメリットはあります。

 

これは一度カスタムURL設定をせず、数字URLの記事が公開されたあとに、カスタムURLに変更した場合に起こることなのですが、スターやブックマークが消えます

 

日々見に来てくださるはてなブロガーの方々に申し訳ない気持ちになるのですが、断腸の想いでカスタムURLに変更しました。。

 

 

2.サイトマップページを作成した

Google Search Console(サチコ)にサイトマップは登録していたのですが、エラーとなりサイトURLが読み込まれていなかったため、サイトマップ記事を作成しました。

 

純粋に掲載している全記事をすべてリンクで張り付けた記事です。

 

www.biz-thinking-k.com

 

xmlではないため、サイトマップとしてサチコに認識はされないのですが、気休めにサイトマップ記事を作成しておきました。

 

 

3.カスタムURLをすべてGoogle Search Consoleに登録した

カスタムURL設定でURLをすべて変更したため、Googleには変更後のURLが認識されていない状態になってしまいました。

 

そのため、Google Search Consoleに新URLの登録をリクエストしに行きます。

 

すべてのURLをURL検査からリクエストし、Googleに登録しました。

 

【7度目の正直】「アドセンス サイトの停止または利用不可」対策のために試すこと

 

以上の3点を実施した結果、7回目の申請で無事アドセンスの合格がもらえました。

 

合格のためには何でもトライすべし

私も不合格の都度、ネット検索で原因を調べてはみたのですが、いずれも決定打はない印象でした。

 

今回、ご紹介した3つの対応をしたのは、アドセンスに関係なく、いずれやらなければと思っていたからです。

 

正解がない以上、できる限りの手は尽くして前進してみようとした結果、合格にたどり着くことができました。

 

最後に、今となってはの反省点を記載して終わりたいと思います。

 

  • カスタムURLは初公開のときから設定するべし
  • 記事公開の都度Google Search Consoleは登録すべし
  • 独自ドメインは最初にとるべし

 

ご参考になったなら幸いです。

 

今回もご覧くださり、どうもありがとうございました。 

 

このブログははてなブログで運営しています。
スター・ブックマーク・読者登録いただけると励みになります。
 

 

2019.6.13 公開